ソフトテニスに必要な筋トレとは?

こんばんは、テニスプレーヤーの岡崎です。今日もテニスの自主トレに励んでいます。テニスコートでの練習は土日や祝日に限られてしまうので、平日は家でできるトレーニングをしています。主に筋トレやランニングなどですね。

週末のソフトテニスに備えて、基礎体力や筋力は鍛えておく必要があります。ネットで調べたら、自宅でできるテニス上達に必要な筋トレメニューなるものを見つけたので見てみました。いままでは、自己流で筋トレをしていたのです。

テニスに必要な筋肉は、下半身はハムストリングス、上半身であれば大胸筋などです。腕の筋肉は上腕二頭筋や上腕三頭筋も大事です。また、ラケットを握るのに握力も鍛えておく必要があります。握力が強ければグリップ力も違います。握力を鍛えるためにハンドグリップを使用しています。あとは、暇なときにソフトテニスのボールを握ったりしています。軟式テニスのボールは握力を鍛えるのにちょうどいい弾力なのです。ハンドグリップを購入しなくても、すぐにできるトレーニング方法です。

その他は、体幹を鍛える必要があります。体幹トレーニングはヨガのポーズのような姿勢を数十秒間、維持するトレーニングです。背筋や足首周りの筋肉も重要ですね。テニスの場合は前後左右に移動して、足首には大きな負荷がかかりますから。

いまは、様々なトレーニング方法がYoutubeなどの動画サイトで見れたりするので、大変便利ですね。余談ですが、このブログは、ただの日記ではなく、ソフトテニスを普及させるための目的もあります。今後も気楽に読んで頂けると嬉しいです。なるべく多くの人に見てもらいたいなあなんて思っています。